入院・お見舞いの方へ

ホーム › 入院・お見舞いの方へ

入院・お見舞いの方へ

入院案内

1病棟
個室20床を含む60床で、一般外来や救急外来で入院加療が決まった患者様を受け入れる “入院の窓口”となっている病棟です。入院の対象は内科、神経内科、外科、呼吸器科、循環器科・整形外科などの混合病棟です。
2病棟
平成26年10月に病棟編成を行い、結核病床20床・障害者病床40床の運営しています。患者様1人ひとりを尊重し、患者様・ご家族とともに支援できるよう病棟スタッフ全員で関わり安心・安全な医療の提供をします。
3病棟
神経筋難病病棟として、未だ治療法の見つからない長い闘病生活を余儀なくされた患者様やご家族の人生に寄り添い日々穏やかに過ごせるよう看護を提供しています。
5病棟
神経筋難病の拠点病院として、ALS進行期の患者様の受け入れを行っています。「患者様・家族の思いに寄り添った温かい看護」を病棟目標とし、固定チームナーシングを看護提供方式に取り入れています。

面会時間

当院では、入院患者様の療養環境を整えることを最善に考えております。入院患者様の安静と治療処置などの療養に専念していただく為に、面会時間を設けさせていただきます。
入院患者様の面会時間は10:00~21:00までとさせていただきます

面会時のお願い[PDF:174KB]

診療科案内

内科
一般内科疾患の他に、糖尿病、甲状腺疾患、その他の内分泌・代謝疾患の診断と治療を行っています。
呼吸器内科
循環器内科
動脈硬化による血管病(下肢閉塞性動脈硬化症など)、心臓の病気(狭心症・心筋梗塞など)の治療に特に力を入れています。臨床経験豊富な循環器医が最新の技術で診断・治療を提供します。
外科
日本外科学会、日本消化器外科学会など各専門学会の専門医・認定医の資格を有する外科医2名体制(常勤1、非常勤1)で消化器科外科を中心に診療しています。
整形外科
全国に先駆けて骨・運動器ドックを開設しています。当院ではMRIが待ち時間もほとんどなく撮影できますので、脊椎疾患や腫瘍および大腿骨頭壊死などの診断に威力を発揮しています。
リハビリテーション科
神経難病や脳血管障害、外傷の手術後などの患者様むけに理学療法、作業療法、言語療法を行っています。市町村の健康相談や訪問事業に積極的に協力しており、養成校の臨床実習の受け入れも行っています。
泌尿器科・皮膚科
泌尿器科は、副腎、尿路(腎、尿管、膀胱、尿道)、そして男性生殖器(精巣、前立腺)の病気を治療する診療科です。皮膚科では、皮膚の赤みやかゆみ、できものなどの診療をしています。おかしいな?と思ったらお気軽に高松医療センターまでご相談ください。