入院案内

ホーム入院案内 › 2病棟

2病棟

2病棟は平成26年10月に病棟編成を行い、結核病床・障害者病床の運営となりました。

障害者病床(40床)

主に、呼吸器疾患では(肺炎・COPD・肺がん)など急性増悪後の安定期あるいは慢性期でNIPPVや在宅酸素使用の退院指導や施設受け入れ準備を行っています。
難病では、多系統萎縮症・脊椎小脳変性症・パーキンソン病等の疾患を持ち、ベッド上生活を余儀なくされた方が多く、人工呼吸器や経管栄養を行いながら長期入院生活を送られています。また、急性期後の安定期にある患者様には、リハビリ部門との調整をしながら在宅への支援や、地域連携室と連携を図り施設への転院に向けて支援を行っています。

結核病床(20床)

香川県結核医療の拠点としての役割を担っています。
香川県の各地域の保健所との「地域DOTS※カンファレンス」を毎月第1水曜日に実施しています。退院後の生活を考慮した上で院内・地域・外来において支援し、「DOTS※」が継続できるよう連携を強めています。
※直接服薬確認方法

チーム

看護師32名(看護師長1名・副看護師長1名・看護師26名・看護助手3名・クラーク1名)メンバーで構成されています。

私たちは「患者様とご家族の立場に寄り添った看護を実践する」を目指しています。
患者様1人ひとりを尊重し、患者様・ご家族とともに支援できるよう病棟スタッフ全員で関わり安心・安全な医療の提供をします。また、長期入院患、隔離患者様の苦痛や不安を軽減できるよう快適な環境づくりをし、思いやりをもって関わり患者様の笑顔が見られるよう努力していきます。