診療科案内

ホーム診療科案内 › リハビリテーション科

リハビリテーション科

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーションII
  • 運動器疾患リハビリテーションI
  • 呼吸器疾患リハビリテーションI
  • 廃用症候群リハビリテーションII

スタッフ

カンファレンス
カンファレンス

  • 医師1名
  • 理学療法士3名
  • 作業療法士2名(認定作業療法士1名)
  • 言語聴覚士1名(日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士)

主な対象

  • 筋萎縮性側索硬化症 (ALS)やパーキンソン病、脊髄小脳変性症(SCD)などの神経難病
  • 脳血管障害
  • 上腕骨骨折や大腿骨頚部骨折など外傷の手術後
  • 変形性股関節症や変形性膝関節症に対する人工股関節(THA)や人工膝関節(TKA)の手術後
  • 腰部脊柱管狭窄症(LCS)や頚椎症性脊髄症(CSM)などに対する脊椎手術後
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎、誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患
  • 心不全など心疾患に伴う廃用性症候群

教育・研修

  • 市町村の健康相談や訪問事業に積極的に協力しています。
  • 養成校の臨床実習を受け入れています。
  • 香川県摂食・嚥下障害研究会世話人:言語聴覚士
  • 四国摂食嚥下研究会事務局:言語聴覚士

理学療法

術後や疾患により身体機能や動作・歩行能力が低下した患者様に対し実施しております。関節可動域訓練・筋力増強訓練・歩行訓練等を行っています。また、呼吸器疾患の方に対しては、呼吸リハビリテーションも実施しています。

理学療法

理学療法

作業療法

対象者の方が大切にしている生活行為の向上を図り、対象者の満足度や達成感を高めることで障害があっても健康だと実感できる作業療法を目指しています。特に神経難病には特色ある作業療法を提供しています。

神経難病の作業療法

地域のスタッフや難病病棟と密に連携し、対象者が主体的な生活を送れるように取り組んでいます。日常生活動作練習や生活環境の調整・提案、コミュニケーション支援などを行っています。

難病ネットワーク事業

香川県や高松市の依頼により、保健師と在宅訪問活動を行っています。また、県内の難病に携わる保健師やケアマネージャー、家族等からの相談に対応しています。

コミュニケーション支援
コミュニケーション支援

環境調整
環境調整

環境調整
環境調整

言語療法

ことばの障害へのリハビリ

「しゃべれないことの心理的ストレス」は計り知れません。
言語聴覚士は、失語症(脳卒中などにより「話す・聴いて理解する・読む・書く」などが難しくなる障害)や構音障害(ことばの不明瞭さや声の障害)といったコミュニケーションに不都合を生じた患者様に対し、個別療法を行っています。
主な取扱疾患は脳卒中・神経難病で、集中した訓練で機能回復を目指すとともに、代用手段の利用方法も指導しています。
また、気管切開など外科的治療のために声がでなくなった方に、発声できるカニューレなどを使ったことばの訓練も実施しています。

食べることの障害(嚥下障害)へのリハビリ

当院では全入院患者様に検査を行い、嚥下障害の早期発見に努めています。
「安全においしく食べる」ことを目標に、言語聴覚士は専門的な評価と訓練を実施しています。

主な検査

嚥下造影検査(VF)

予約制で毎週火曜日に実施しています。医師・言語聴覚士・栄養士・看護師が同席し評価を行い、ご本人・ご家族にも詳細な説明を行います。(年間実施件数約120 件)

嚥下圧検査

平成19 年より導入しました。VFと同時に施行し、手術適応の判断や訓練効果の判定に役立てています。

嚥下造影検査(VF)
嚥下造影検査(VF)

嚥下圧
嚥下圧

嚥下圧
嚥下圧