診療科案内

ホーム診療科案内神経内科 › 嚥下造影・嚥下圧検査

嚥下造影・嚥下圧検査

診療

  • 各分野の専門家が同席し、患者様が疾患を正しく理解し自身を取り巻く療養環境を考慮した上で治療法を選択することができる。
  • 患者様は「私の希望書」という書類を用いて、今後の治療方針についての希望を、医療者に明確に伝えることができる。
  • 関係者が、患者様の病状と望まれる治療方針について共通理解を持てる。

嚥下造影検査

方法

造影剤を入れた検査食を飲み込み、その過程をX線透視装置で撮影します。得られた動画を用いて、飲み込み(嚥下)の機能を評価します。

検査目的

ルーチン検査:健常人との比較によって障害の部位と程度を評価します。
嚥下食検査:嚥下機能に合った食形態を決定するために、数種類の検査嚥下食を用いて行います。

健常者の嚥下造影

食塊が咽頭に入る前にごっくんの反射がおこります。食塊は瞬時に食道に入り、咽頭内にのこらないのが正常です。

嚥下圧検査

嚥下圧検査とは、飲み込みにともなう各器官(軟口蓋、咽頭、食道入口部、食道など)の収縮を評価するものです。

方法

鼻から測定用プローベを入れ、レントゲンで位置を確認しながら食道入口部まで挿入します。何度か嚥下をすることによって嚥下圧を測定します。

検査目的

嚥下障害の治療法の選択や治療効果の判定に有用で、病態解明にも繋がります。

評価項目

各所の圧の値、圧発生のタイミング、食道入口部弛緩の有無とタイミング、を評価します。

評価項目

咽頭収縮の直前に軟口蓋が収縮し、咽頭収縮と同時に食道入口部が弛緩するのが正常です。