診療科案内

ホーム診療科案内 › 神経内科

神経内科

担当医師

氏名 専門分野 所属学会・資格等
副院長 藤井正吾 神経難病 日本神経学会専門医/日本内科学会認定内科医/日本神経学会指導医/麻酔科標榜医/麻酔指導医
診療部長 市原典子 神経難病における残存機能の活用,嚥下・呼吸・栄養管理 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
医師 渋田佳子 神経難病 日本神経学会専門医

神経内科(神経難病)の概要

当院は、香川県の難病相談支援ネットワークが円滑に行えるよう設置された 香川県難病対策連絡協議会の拠点病院で、当科では 筋萎縮性側索硬化症(ALS)をはじめとして パーキンソン病関連疾患多系統萎縮症・ 脊髄小脳変性症など、神経難病の診療を専門的に行っております。専門医療施設としての役割を果たせるよう、診療のみならず臨床研究・教育・情報発信にも積極的に取り組んでおります。

外来診療

外来診療は、神経難病の薬物治療・告知・合併症管理を中心に行っております。
パーキンソン病(PD)の薬物治療では、患者様の現在の病状を客観的かつ総合的に判断することが非常に重要ですが、短時間の外来診療のみで医師がそれを行うことは困難です。患者様ご自身やご家族にご家庭での状態を詳しく教えていただき、リハビリテーション部門のスタッフからの訓練評価や、訪問看護師からの在宅での状況報告等を参考に治療を進めております。そういう意味では、医師は「患者様のより良い治療を行うためのチーム」の一員と言えるでしょう。
ALSでは、病状評価や治療のみにとどまらず、患者様ご自身が後悔のない治療方針を決定できるよう、多職種インフォームドコンセント(IC)※1を行っております。大学・県立中央病院その他・他院の患者様についても病棟見学や多職種ICをお引き受けしています。ICは時に2時間にも及ぶこともありますが、難病拠点病院としての重要な役割と考え、今後も行っていきたいと考えております。
神経難病の合併症として予後を左右する嚥下障害(飲み込みの障害)に関しては、嚥下造影検査や嚥下圧検査をもちいた評価から専門的訓練、嚥下食提供・指導、大学との連携による手術療法、術後リハビリまでのトータルケアーを行っております。総合的評価および治療方針の決定は日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士3名(医師1名、言語聴覚士1名、栄養士1名)を含む嚥下チームで行っております。嚥下圧検査は全国的にも行える施設の少ない検査ですが、嚥下障害の治療法の選択・病態解明に非常に有用な検査です。嚥下造影・嚥下圧ともに他施設からの検査依頼を受け付けております。
新患外来については十分な時間をかけて問診・神経学的診察・画像診断などが行えるよう一枠を一時間としております。完全予約制となっておりますので、必ずお電話でご予約の上お越し下さい。

※1 多職種インフォームドコンセント

多職種インフォームドコンセント

入院診療

難病患者様の長期療養病床は120床で、ALSを主とした運動神経疾患(MND)の患者様が約60%、パーキンソン関連疾患の患者様が約15%、多系統萎縮症(MSA)の患者様が約7%、その他脊髄小脳変性症、多発性硬化症と大半が神経難病患者様です。入院患者様の約75%が人工呼吸器を装着されております。
人工呼吸管理については、24時間人工呼吸器を装着していても安楽な入浴が可能で、四肢機能が保たれていれば歩行し、構音機能が保たれていれば発声し、嚥下機能が保たれていれば食事も食べるというふうに、QOLや残存機能の最大活用を重視した管理を心がけています。
難病患者様の内視鏡的胃瘻造設入院、鼻マスク式人工呼吸導入入院、在宅人工呼吸療養指導入院、レスパイト入院(介護者の休養のための入院)もお引き受けしています。
またALSについては特に「努力性肺活量50%時入院」※2を行っております。
尚、肺炎・尿路感染などの合併症治療やパーキンソン病の薬物コントロールのための短期入院については、一般病棟への入院となります。

※2 努力性肺活量50%時入院

  • 病状チェック
    呼吸機能検査、血液ガス、24時間sPO2モニター、嚥下造影、炎症所見、胸部CTなど
  • 疾患の理解援助
  • 疾患の受け入れ援助
  • 対症療法の理解援助
  • 今後の治療方針の選択
    鼻マスク式人工呼吸療法体験・内視鏡的胃瘻造設検討
 多職種IC
  • 在宅療養環境整備
    手続き(身体障害者申請、介護保険申請など)
    訪問看護導入、介護サービス利用
    必要物品(吸引器、パルスオキシメーターなど)
    在宅関係者会議(関係者の連絡・調整、緊急時体制確立)

情報発信について

当院では、難病相談支援ネットワークの拠点病院として年2回程度の研修事業を行っております。例年、香川県内の神経難病患者様に関わる多職種を対象に、難病病棟での見学自習、研修棟での難病研修会、シンポジウムや講演会の開催などを企画して、難病患者様の医療および療養環境の整備に貢献しています。
嚥下の領域においては、香川県摂食・嚥下障害研究会、四国摂食・嚥下研究会、日本神経・筋疾患摂食・嚥下・栄養研究会(JSDNNM)に世話人として参加し、前2者については当院が事務局となり、知識の啓蒙や研究の発展に寄与しています。