病院案内

ホーム病院案内部門案内 › 外来・手術・中材部門

外来・手術・中材部門

外来

外来は、看護師・看護助手・看護クラークで、各診療科で専門的な看護・診療補助を実践しています。特に、糖尿病看護外来や病棟との連携を図り、糖尿病患者様の生活スタイルに合わせた療養が送れるよう取り組んでいます。
また、救急外来や内視鏡検査、脊髄腔造影検査、嚥下造影を中心とした検査介助も担当しています。今年度から、手術室・中央材料室の業務も担当することとなり、手術室や内視鏡検査室だけでなく、外来から患者様と関われることで、より安全に、よりスムーズに、検査が受けられるようにしています。
患者様との出会いの場を大切にしながら、地域の皆様から信頼される看護を目指しています。

受診される患者様へのお願い

当院では、平成27年12月より医療事故防止のために、本人確認をさせていただいております。受付をされたら、診察券をホルダーに入れて、お帰りになるまで首からかけていただいております。
特に、採血や注射等を行う際に、患者誤認防止のために、「フルネーム」をご本人に名乗っていただき、本人確認をしております。お呼びした後に、確認のためのお時間を頂戴しますが、安全のためご協力とご理解をお願いいたします。

手術室

手術室では、主に、局所麻酔で行う外科手術や、泌尿器科の尿管ステント留置術を中心とした手術を行っています。
手術担当の看護師は、患者様が安全で安楽な手術が受けられるよう環境を整え、患者様に寄り添った看護を実践しています。特に、手術を受けられる患者様の不安が軽減できるように、そして安全・安楽に手術を受けていただけるよう、術前訪問をさせていただきます。術前訪問では、手術室に入ってから麻酔や手術室での流れを患者様がイメージできるように、説明させて頂き、できるだけ不安の軽減に努めます。
手術室看護師1人ひとりが、医師や臨床検査技師、放射線技師と協力しながら、「患者様が安心して手術を受けて頂ける手術室」を目標に取り組んでいます。

中材業務

中材では、治療・看護に必要な器材・医材の供給管理を行っています。医療材料の管理では、各部署での使用状況を常に把握し、必要な物品の供給が行えるように取り組んでいます。各部署には、定期的に物品管理が行えているかラウンドを行い病院全体の適正管理が行えるように努めています。また、各部署で使用した物品の回収、洗浄、滅菌を行い、品質管理された物品の供給を行い、病院内の要として役割を担っています。