病院案内

ホーム病院案内部門案内 › ME室

ME室

臨床工学技士とは、厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う者のことを言います。
当院では2名の臨床工学技士がその業務に携わっており、近年の医療技術の進歩に伴い 高度化・複雑化していく医療機器に対し、現場のスタッフが安心して使用できる環境づくりに努めています。

一般的にME(Medical Engineer)やCE(Clinical Engineer)とも呼ばれます。

医療機器管理業務

点検や保守・管理を行っている医療機器の種類は様々で、以下にいくつかを示します。また、一部の機器は中央管理を行うことにより適正化および効率化を図っています。

輸血ポンプ
輸血ポンプ

シリンジポンプ
シリンジポンプ

自動血圧計
自動血圧計

パルスオキシメーター
パルスオキシメーター

経腸栄養ポンプ
経腸栄養ポンプ

低圧持続吸引機
低圧持続吸引機

酸素流量計
酸素流量計

DC
DC

AED
AED

電気メス
電気メス

麻酔器
麻酔器

心電計
心電計

ベッドサイドモニター
ベッドサイドモニター

セントラルモニター
セントラルモニター

送信機
送信機

循環器関連業務

カテーテル室でのすべての循環器業務において物品出しや機器の操作等、診療のサポートにあたっています。

CAG&PCI&EVT

ポリグラフやIVUSなどの操作を行っています。

EPS

スティムレーターやアブレーターなどの操作を行っています。

ペースメーカー

植込み術や交換での立会い、ペースメーカーチェックなどを行っています。

その他

IABPやPCPS、透析装置などの操作を行っています。

呼吸器関連業務

人工呼吸器を中央管理することで、安全かつ効率的な運用を心がけています。そして使用前点検はもちろんのこと、使用中の点検や各病棟でのトラブルへの対応も行っています。
また、在宅へ移行する患者様やその家族に対しての指導や、病棟単位での勉強会も行っています。

院内全体で使用されている呼吸に関連する治療器